新着
RSS2.0
 前日まで、環境協会への参加者は、子供達11名とその付き添い大人約10名との連絡があり、比企自然学校と応援スタッフ(8名)は、早朝8時に里山センターに集結して、カヌーその他の機材を運搬車に積載完了の態勢をとりました(写真1)。 写真1.出発準備完了のカヌー2艇  観光協会の中島さん宛に、参加予定者からの相次ぐ不参加申出が続出した結果、協会の判断として「残念だが、中止宣言を出す」しかないということで、待機していたスタッフ達は残念ではあるが、イベントは中止するも、自分達だけで漕ぎ出そうということで、くらかけ清流の郷に向かいました(写真2)。 写真2. 自然学校里山センターにて、スタッフ間で協議(中止か、自主開催か?)                             写真3.落雷や集中豪雨で、くらかけ清流の右岸側の土砂崩壊など   写真4.観光協会の中島さん立ち会いの下、正式に「中止」「解散」ということに決定    写真3・4のように、護岸での崩壊現象・増水による濁水現象が著しいということで、 残念ではあるが、本日の河況ではカナディアン・カヌーの体験教室開催は不可能と判断し、現地解散と成りました。